2011年10月10日

☆☆ 城秀幸建築設計室 ☆☆

☆☆ インフォメーション ☆☆

hs-1.png


愛知県名古屋市

滋賀県・東近江市を拠点に活動する

一級建築士事務所 城秀幸建築設計室 現場blogでございます。


業務内容は

デザイン住宅デザイナーズハウス設計を主に、

二世帯住宅、医院の設計、事務所ビル、店舗付き住居・店舗デザイン

デザイナーズマンションなどを対象に

設計・監理業務を行っております。

活動エリアは名古屋市を中心に、愛知、岐阜、三重、静岡、

近畿では 滋賀県 東近江市の分室を拠点にデザイン業務を行っております。

新築、建て替え、リフォーム・リノベーションはもちろん

土地さがしからのご相談 事前調査の同行なども行います。

建築相談は 無料で随時行っております。



ホームページ:城秀幸建築設計室(設計実績など掲載しています)

公式blog:シロップスタヂオ(現場レポート、建築家の日常暴露など)


◇物件 キーワード◇
都市部に建つ家 都市型住居 狭小敷地に建つ 高層住居 ペントハウス  
デザインハウス(3階建て住居+メゾネット住居)+オフィスビル 事務所併用
重量鉄骨 耐震構造 白い外壁

それでは

ヨロシクお願いします。

posted by shiropstudio at 13:13| Comment(0) | インフォメーション

2011年10月05日

杭の施工 試験杭

試験杭の立会い

試験杭.jpg


杭工事が始まりました。

8本あるコンクリート杭のうち

実際の施工位置の1本を試験杭として

土のサンプルを取り出し

地質調査(ボーリング)データと照らし合わせる。

試験杭サンプル.jpg


支持地盤も データ通りの深さに確認 地質も同じ。

問題なく 杭の施工にかかります。


城秀幸建築設計室
posted by shiropstudio at 11:11| Comment(0) | 試験杭

2011年09月29日

現場の様子  矢板 H鋼

いよいよ

工事らしくなってきました。

大きな重機の登場。

H鋼打ち.jpg


敷地境界に沿ってH鋼を打ち込んで

矢板土留めの準備です。

現況の地盤より掘り下げて基礎工事を行う為

近隣の敷地境界部分が崩れないように補強します。




城秀幸建築設計室
posted by shiropstudio at 10:30| Comment(0) | 現場風景

2011年09月14日

位置だし確認

縄張り.jpg


敷地に

建物の位置を記し

縄を張り

配置の確認





城秀幸建築設計室HP
posted by shiropstudio at 10:30| Comment(0) | 位置出し

2011年09月01日

地鎮祭

110901地鎮祭.jpg


大安 吉日

地鎮祭



めでたし。


城秀幸建築設計室HP
posted by shiropstudio at 10:30| Comment(0) | 地鎮祭

2011年07月01日

確認申請

申請書類110701.jpg


中高層条例の手続きや 近隣説明など 無事済ませて

確認申請の準備が完了。

きり良く 7/1に申請提出。


比率的には 木造の住宅設計が多いため

鉄骨造 7階建ての建物となると

普段の申請書類に比べて

何倍かのボリュームです。


もって行く前に 記念撮影。カメラ


城秀幸建築設計室
posted by shiropstudio at 10:10| Comment(0) | 確認申請

2011年05月20日

中高層条例 標識設置

標識設置.jpg


工事お知らせの標識

工事予定の敷地に 建設予定の建築物の概要を記し

敷地周辺へ建設計画があることを周知して頂くために設置します。

街中の空き地などでたまに見かける あれです。



関連条例は 中高層建築物の建築に係る紛争の予防及び調整に関する条例

中高層建築物の建築に係る紛争の予防及び調整並びに
共同住宅型集合住宅の建築の計画などに関し
必要な事項を定めることにより、良好な近隣関係を保持するとともに、
健全で快適な住居環境の保全及び形成に資することを目的とした条例。
具体的には 建築場所の用途地域、計画建築物の高さに応じて、
事前に建築計画を表示した標識を現地に設置し、近隣の関係者に対し
説明をすること等を定めています。



背の高い建物を建てる ということは 

その地域に 影を落とし

見上げると上空にまで姿が目に入ります

今まで 目の前に何も無かったところに 建物が出来る 目線が気になる等々

言い出せば きりが無く お互い様であることはわかっていても・・・


非常にナイーブな仕事内容です。


近隣への対応一つで 揉めるでしょう。

これから人が住まう建物であればなおさら スムースな近隣関係で

気持ちよく 新生活が始まるように 

計画段階の手続きや 現場での粗相が無いように心がけます。

 
設計事務所の仕事は 施主のエージェントとしての役割も大切。



城秀幸建築設計室
posted by shiropstudio at 16:16| Comment(0) | 中高層条例

2010年07月09日

地質サンプル

ボーリングデータと

液状化判定結果

地質標本(地質サンプル)が届く


地質サンプル.jpg



早速 結果を踏まえて

構造設計のスペシャリストと打合せ。

鉄骨造RC造(いわゆる鉄筋コンクリート造の事)、
一部の木造(大規模な木造、三階建て、色々と・・)など 

高度な構造計画の物件は

構造設計事務所とタッグを組んで 構造計算など 

基準法の遵守はもちろん

揺れや 経済性 さらなる安全性の追求 

デザイン的な工夫などを詰めてゆきます

構造解析を基に 建物や 敷地条件を

最大限活かすための考察を重ねます。



城秀幸建築設計室


posted by shiropstudio at 10:10| Comment(0) | ボーリング 地質調査

2010年06月17日

地質調査 ボーリング

地質調査 (ボーリング)

ボーリングを行い 支持地盤を探ります。 

サンプルを採取して液状化判定も行います。

ボーリング.jpg


名古屋市

建物が建つ予定の ほぼ中心位置で調査開始。




城秀幸建築設計室
posted by shiropstudio at 10:10| Comment(0) | ボーリング 地質調査

2010年03月10日

現地にて

敷地の端っこ

コンクリートブロック積みの隙間から


先住者.jpg


現況は 駐車場。

アスファルト舗装で生えにくいのに・・・工事が始まったら ごめんよ・・


城秀幸建築設計室HP
タグ:名古屋市
posted by shiropstudio at 10:10| Comment(0) | 現場風景

2010年02月24日

現地調査

お問い合わせを頂き

現地の状況を確認

現地調査.jpg


まずは 敷地調査です。


法規制はもちろん

立地を重点的に、日当たり、近隣の状況、騒音、交通量・・・

決めた項目は無いのですが 何度か訪れて

現地で感じることをまとめて行きます。


施主の立場になり 住まい始めてからの想像や 利便性などシュミレート

設計者の立場からのアプローチ・・ 妄想を膨らます。


名古屋市の目抜き通り沿い。 市街地の 間口が狭く奥行きのある いわゆる狭小敷地

クライアントの構想を盛り込むと

背の高い 都市型住宅 都市型ビル となりそうです。

容積率・建蔽率を生かして 資産を最大限活用するというデザインも

設計者に求められる重要な責務


ひととおり 敷地を探索して

プロジェクト スタートしました。


名古屋市千種区の建築設計事務所:城秀幸建築設計室HP
posted by shiropstudio at 08:08| Comment(0) | 敷地状況